GPSを取り付けろという要求

今年の延長交渉で、日本はサバ漁船について今年は漁船の大きさを1.5%大きくし、将来的には25%大きくすることを要望しました。

それ に対して韓国の要望は太刀魚の漁獲量を2,100トンから8,000トンへの拡大要望です。これで合意できないことを韓国は「1.5%拡大と言う日本の無 茶な要求はのめず、韓国の380%拡大という当然の要求は満たさず、違法操業を取り締まるためとしてGPSを取り付けろという要求までされたので合意でき ない」と発表しました。
気でも狂っているのかと思いますが、不倫調査 佐賀これが韓国政府の硬式発表です。違法操業の実態が無ければGPSの件は言いがかりと言われても 仕方ないと思いますけど、実態として、日本の保護政策の効果で増えてきた漁獲量が、韓国の違法操業によって減ってますし、何隻も違法操業漁船が拿捕されて ますからね。高速化して逃げ切っているのを含めれば、被害は確実に大きい。
もう何をかいわんやです。 さらに韓国は「これからの時期にはサバは韓国の排他的経済水域に集まるから日本の方がダメージは大きい」とコメントしたそうです。