道楽援助

生活保護も被災者も同じなんですが、その手の援助はあくまでも「一時的な不幸」に対して「立ち直るために」与えられる支援であるべきなのですわね……。

きっかけが何であろうと、堕落してしまうとなかなか抜け出せないのですねー。
体力があるときなら偽善として道楽援助を続けるのもアリかもしれませんがw
有り余るパンをこじきに与える貴婦人は心優しき淑女ですが、自分の娘のパンを取り上げてまでそうする女性は気狂いですわね。

東電マリーゼ リーグ不参加へ
女子サッカーに興味が全く無いから、東京電力がクラブチームを持っていた、というのもはじめて知ったのはともかく。
まあ詳しくは語らせるな。
叩いてる本人は「いじめ」の当事者だって意識は無い可哀想な人間だからな。
安全確保には高いレベルを求めれば求めるほど、結果として金かかるんだ。

今後は文句は言わせないぞ喪前ら。
って下地が出来るだけ、結果的にありがたい。
電気や水とかが、ただ同然で安全に手に入ると思っている幻想から開放されて、現実を見た対応がやっと国民が見て考える基礎が、今回の事故で出来てただけマシだって話。

(結果的に、この国の人間は、チェルノブイリやJCO事故はもちろん、原爆投下に関しても何の教訓も得なかった結果が今現在だしな)

コメントを残す