血液検査

内臓脂肪過多の肥満が確認され、脂質過多、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2〜3項目に該当する状態を、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と名付けています。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP等3つの値で確認することができますが、近頃肝臓の機能が落ちている現代人の数が増加しているとの報告がありました。

素人判断では骨が折れているのかどうか判別できない場合は、ケガをしてしまった部分にある骨を少しだけ突いてみてください。もしその箇所に激しい痛みを感じたら骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

脚気(かっけ)の症状としては、両手両足が麻痺したり脚のむくみなどが標準で、発症から時間が経ってしまうと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全も併発する可能性があるということです。

我が国における結核への対策は、昭和26年にできた「結核予防法」に準拠して実施されてきましたが、56年後の平成19年から数多くある結核以外の感染症とひとくくりにして「感染症法」という名称の法律に基づいて実行されることに決定したのです。

コメントを残す