活動

ただの捻挫だと勝手に決めつけ、冷湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように固定し、様子を窺うよりも、応急処置を施した後素早く整形外科の医師に診てもらうことが、完治への近道に繋がります。
体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で使われる糖、新陳代謝に欠かせないタンパク質など、過度のダイエットではこの2つに代表される様々な活動を維持するために必ず要る要素までも欠乏させてしまっている。
UVB波は、UVA波より波長が短いという特性があるので大気中に存在しているオゾン層で一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊するなど、肌に良くない影響を与えることになります。
トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ作用が格段に認知されてはいますが、この他にも肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが認められています。
めまいが起こらず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと低音域の難聴の症状だけをいつまでも繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール氏病」と呼ぶような症例が多いそうです。
陰金田虫というのは、医学上では股部白癬という病名で、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢、臀部などの部位にうつってしまい、寄生する感染症であり俗に言う水虫のことなのです。
なんとなく「ストレス」は、「なくさなければいけない」「取り去るべき」ものとされていますが、実際は、私たち人は大なり小なりのストレスを体験するからこそ、生活し続けることに耐えられるのです。
最も大きな内臓である肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や糖尿病等々色んな生活習慣病の合併症を招く可能性があります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではなく目覚めている状態で生命活動を保つ(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の保持等)ために必要となる基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。
2005(平成17)年2月から新しく特保の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といったコピーの印字が義務化した。
万が一検査で現時点での女性ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早期閉経と判明した場合、不足している女性ホルモンを補てんする医術で改善が期待できます。
体脂肪量は変化がないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などにより一時的に増減するようなケースでは、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った人は体脂肪率が高くなることがわかっています。
「肝機能の低下」については、血液検査のGOTやGPT、そしてγ-GTPなどの値によって診れますが、ここ数年で肝臓の機能が低下している人が徐々に増加しているとのことです。
ストレスがかかり、溜まるという原理や、手軽なストレス対策など、ストレス関連の細かい知識を保持している人は、さほど多くはありません。
生殖器である前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が非常に大きく関係し、前立腺に出現してしまったがんも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)によって肥大化してしまうのです。