正規軍とは限らない。

戦前の日本は金が無いのに金本位制を導入した。
全くの愚行だった。 恐慌の嵐に向けて窓を全開にしてしまったわけだ。

今まさに、現代の戦争における実戦の経験が全くないのに その防衛範囲だけを広げる事になってしまった。 仮にこの行為が世紀の愚行とならなかったとしても、 それはたんなる幸運でしかないだろう。
現代の戦争は、相手が主権国家や正規軍とは限らない。
否、むしろ、それなりの産業基盤を持つ国は、ヤミ金通報戦争を自分ではやりたがらない。当然だろう。 しかし一方で、そのスキマを埋めるように、謂わば 未国家 ともいうべきテロ集団や宗教集団が、担い手だ。 彼らには国際法も条約も、通用しない!!!
ただ、敵とみなせばそれで敵となる。 彼らこそ、相手に外交のロジックなど通用しない、まったくその埒外の存在だ。
国家じゃないので、民生の安定も経済も通貨さえもなく、戦闘員と武器と戦費が集まれば出来上がる。なので潰してもしばらくすると再生する。 
カネの出どころも把握しづらく、じつに厄介な存在だ。。 そういうものへの対応に、これまで世界の警察をやってきたアメリカでさえ もうすっかり嫌気がさし、一向に改善されないイタチゴッコに辟易としている状況でだ。