森林

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、体内の脂肪の溜まっている比重のことで、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(kg)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算によって把握できます。
花粉症というものは、森林のスギやヒノキ、ヨモギなどの様々な植物の花粉に誘発され、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻みずなどのアレルギーを生ずる病気として知られています。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも症状が出現することがあるため緊急のトラブルとは限らないのですが、例外として発作が続いてみられる場合は危険だといえるでしょう。
汗疱とは主に手のひらや足裏、指の隙間などにプツプツとした細かな水疱が現れる病気で、通称汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出来ると水虫と早とちりされることが多くあります。
「時間に追われているように忙しい」「面倒な様々な付き合いが多すぎる」「あらゆる技術やインフォメーションの著しい高度化に付いていくことで精一杯」など、ストレスが溜まってしまう元凶は人によって違います。
複雑骨折により大量出血した状態では、急に血圧が降下して目眩や冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失などの不快な脳貧血が起こるケースもあります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番多い中耳炎で比較的子どもによくみられます。耐え難い耳の痛みや38℃以上の高熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などたくさんの症状が起こるのです。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と称し、カビの仲間である白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの部分に何らかの理由で感染してしまい、寄生してしまう感染症の事であり俗に言う水虫です。
通常ならば骨折しない程度のごく小さな圧力でも、骨の同一の部位だけに幾度も続けて力が加わることで、骨折が起こってしまう事もあり得るようです。
食事という行為は、次に食べたいと思った物をなんとなく口へ運んで幾度か咀嚼して後は飲み込むだけだが、その後も身体は実に律儀に動き続けて食物を身体に取り込むよう努力しているのだ。
学校や幼稚園等の大規模な集団行動をする中で、花粉症のせいで他の皆と集まって思いっ切り行動ができないのは、当事者にとっても辛い事でしょう。
肝臓を健康に保持するためには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにする、要は、肝臓の老化を食い止める対策をおこなうことが効果的だと考えられます。
好気性桿菌の結核菌は、菌に感染している人がゴホゴホと「せき」をすることで空中に散り、空気中でふわふわと動いているのを違う人が呼吸の際に吸い込むことにより拡がっていきます。
下腹の強い痛みの元凶となる病気の代表格として、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵管の疾患等の病名が挙がるようです。
めまいが現れず、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを幾度も繰り返す症例の事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」と診断する場合もよくあります。