未満

30才から39才までの間に更年期になったら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(早期閉経)」という疾患に当てはまります(我が国の場合は40歳未満の女性が閉経してしまうケースを「早発閉経(POF)」と定義付けています)。
現在の手術室には、便所や器械室、手術準備室を設置し、オペ中に撮影するためのX線装置を準備するか、近距離にその専門室を用意しておくのが常識である。
ピリドキサミンは、あのアミノ酸(Amino acid)をクエン酸回路と呼ばれているエネルギー源を活用するのに必要となる回路に組み込むため、それ以上に細分化することを促進する動きもあります。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、紫外線A波の極度の浴び過ぎがお肌に健康障害を誘引するとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日焼けサロンを使う行為の禁止を広く世界各国に推奨しています。
学校等大規模な集団生活で、花粉症の症状が要因でクラスの友達と同様に外で楽しく運動できないのは、患者である子どもにとっても残念なことです。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代〜30代の比較的若い男性に患者が多く、大抵は股間の辺りだけに拡大し、軽く運動したり、お風呂から上がった後など全身が温まると強い掻痒感を感じます。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)という病名で、かびの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)や股間、臀部などにうつってしまい、寄生してしまった感染症の事であり即ち水虫のことなのです。
汗疱状湿疹(汗疱)は手の平や足の裏、又は指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱がみられる病状で、大抵はあせもと呼び、足裏に出現すると足水虫と思い込まれることが多くあります。
エネルギーとして瞬時に機能する糖分、細胞の新陳代謝に必須の蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこのように体調をキープするために欠かすことができない成分までも欠乏させている。
食べ過ぎ、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、心身両面のストレス、老化といった様々な素因が混ざり合うと、インスリンの分泌量が減少したり、機能が低下したりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症します。
衝突事故や建築現場での転落など、とても強い負荷が身体にかかった場合は、複数個所に骨折が齎されたり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、さらに重症の時は臓器が損壊することも考えられます。
クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の不快な諸症状は、アレルギー源である花粉の飛散している量に追従するかのように悪くなってしまう特性があるそうです。
バイキンやウィルスなどの病気を生み出す病原微生物、即ち病原体が呼吸とともに肺に進入し伝染してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を呈示している境遇を「肺炎」と称しています。
季節病ともいわれる花粉症とは、山林のスギや檜、松などの虫によって媒介されない花粉が原因となり、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどのアレルギーをもたらす病気であることは言うまでもありません。
大体は水虫といえば足を思い浮かべ、中でも足指の間にみられる皮膚病だと考えられていますが、白癬菌が感染する所は決して足だけではなく、体のありとあらゆる部位に感染するという危険性があります。