整形外科医

前立腺はその活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)がとても密に関わり、前立腺に発現してしまったがんも同様、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用で肥大化します。
普段から横向きの状態でTVを視聴していたり、デスクの上で頬杖をついたり、ハイヒールなどをよく履くといった癖や習慣は体の上下左右の均衡を乱れさせてしまう大きな原因になります。
軽い捻挫だろうと決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングなどで動かないように患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を施してからただちに整形外科医に診てもらうことが、根治への近道になるのです。
ストレスが溜まっていく経緯や、有用なストレスのケア方法など、ストレスに関わる正しい知識をお持ちの方は、まだ少ないようです。
アイコンタクトで、入居者さんが猫のことを可愛らしいと感じると「愛情のホルモン」とも言われているオキトキシンが分泌され、最終的にはストレスの低減やヒーリングに繋がります。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘発する人体に害のある物質を体の内部で解毒し、肝臓の機能性を強化するような性質が確認されています。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、すなわちまるい形状をした紅い発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、様々な皮膚疾患の総称であって、誘因は非常に多種多様ということで知られています。
インキンタムシ(陰金田虫)は20〜30代の男性多く、大抵は股間部だけに広がり、激しく身体を動かしたり、風呂上りのように全身が温まった時に強い掻痒感に苦しみます。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いので大気中にあるオゾン層でその一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を損壊するなど、肌にとって悪い影響を与えることになります。
アルコールを分解するという力のあるナイアシンは、辛い宿酔に効く成分です。辛い二日酔いの要因とみられているエタナールという物質のクラッキングに力を発揮しているのです。
ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になってしまった後に購入できる、まったく同一の成分で経済的負担を低くできる(クスリの価格が廉価な)後発医薬品です。
季節性インフルエンザのワクチンでは、今日までの研究の成果から、ワクチンの効能が見通せるのは、ワクチン接種を受けた約14日後から150日くらいということが判明しています。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日以降は原則無料で受けられる定期接種となるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で個々に接種してもらう個別接種のスタイルに変更されています。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、成人と比較して体の小さな未成年のほうが風に流されてきた放射能の害を受容しやすくなっていることは明らかです。
ともすると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「除去しなければいけない」と考えがちですが、その実、ヒトは多少のストレスを経験するからこそ、活動し続けることが可能になっているのです。