教授たちの多く

大半は、旧共産党 社会党に関わる人たちです。
彼らは、極端にマル クス・レーニン主義や毛沢東信仰にかぶれてしまい、様々な反日行動をしました。

朝日新聞にもそういう人たちが多くいました。
ですが、この頃の時代の岩波文 庫を読んでみると、東大、京大の社会科学系の教授たちの多くが こうした極端なマルクス主義や毛沢東主義に洗脳されているのがわかります。
東大、京大で  こういう左派教授たちに洗脳されたエリートがその後 朝日新聞に入社して、反日宣伝の旗手になっていったことも理解しておいたほうがいいと思います。
つま り、闇金通報諸悪の根源は、東大、京大の左派教授たちです。学者というのは、いつも世論を扇動しますが その後 罪は問われず、無罪になります。
「ゆとり教育」を 提唱した教授と話したこともありますが、彼は、のうのうと「あれは大失敗でしたな!」と笑い飛ばしていました。
「お前のせいで 今の30代はバカばかりに なったんだぞ!」と思いましたが、本人は、ケロッとしています。歴史をひもとくと、時折 暴君と言われる人が 学者を殺していますが、一理あります。