子供は非常につらい

父親が末期がんの母親にどのような対応をしていたのかは不明であるが、母親の死亡後すぐに再婚していることから、末期がんとは無関係に既に『夫婦関係の実際的なつながり・愛情』が失われていたか、

父親に別の女性が早くからいた可能性もある。
夫婦の不仲・不倫なり崩壊家庭なりの要因があるだけでも未成年の子供は非常につらいものだが、そこに母親との親子関係がどういったものか不明では あるものの、浮気調査 大分『母親の死(一般的には子供が最も頼りにしたり甘えたりする相手である)』という最大級の対象喪失のストレスが重なったことで、パーソナリ ティーや自己認識・状況判断が著しく歪められた可能性があるだろう。
なぜ被害者の女子生徒を殺すほどの情動の高ぶり・錯乱的な興奮が起こったのかの動機についても、『親友とされる松尾愛和さん以外の人間関係がほと んどなかったこと(自分を情緒的に守ってくれる家族・親さえいないような極度に孤立した状況であったこと)』が無関係とは思えない。