勝手に

阿弥陀仏の法は、常に動いておられます。

法界に動きまわっておられますが、この私の口の上に、念仏の声を出させつつある名号法なのです。私の上に、南無阿弥陀仏と称える称名の声を出させているところの法なのです。
私の口の上に、念仏が出るはずがないのです。私が、勝手に称名するはずはないのですが、とうとう称名させられるようになってしまう。ついに念仏の声が出るようになったということは、大いなる名号法が私にはたらきかけて、私を動かして称えさせておられる。

このようにいただかれたのが、御開山の念仏です。そして、恩師法然の念仏はこれだよとお示しになったのが、『御本典』です。
そして、そのように名号を領受しているありさまを信心と言います。
ですので、聴聞と名号(念仏)は、切り離せるものではありません。

その名号のはたらきを、誤りなく領受しなくてはなりません。なぜ阿弥陀仏が名号となって下さったのか、そのおいわれを聞きひらくのが聴聞です。なので、行と言っても如来の行でしょう。
私たちが往相、還相するまんまが、如来のはたらきです。如来の行の全体を言えば、往相・還相です。その如来がいきいきと私の上に現れてくるのが念仏です。

ある先生の御法話も、私が申し上げたいことをおっしゃっているのではないかと思います。
最後に一つ、梯和上がこんなことをおっしゃっていました。

コメントを残す