何かの間違いかと

ホテルに帰って開けてみてびっくり。おいら用のは話した通りだったんですけど、もう一つはおいらのとデザインが違うし、しかも上下が違うデザインです。

でも、伝票を見ると同じ商品を同じ価格で売ったことになっています。そこで値札を確かめてみると商品についている値札がレシートに書いてある金額より安いんです。

最初は何かの間違いかと思ったんですけど、帰国前日だったんで取りあえずそのお店に戻って、店員さんを捕まえました。

おいら 「さっき買ったんですけど闇金相談山口商品間違ってません?」
店員さん「間違ってません」
おいら 「?同じデザイン2つですよ」
店員さん「同じものが在庫が2つ無かったんです」
おいら 「??だから別のを売ったんですか?」
店員さん「2つ買うって言ったでしょ?」
おいら 「パートナーとお揃いって言ったよね?」
店員さん「言いましたね」
おいら 「じゃあデザイン違ったらおかしいでしょ?」
店員さん「でも在庫無かったんです」
おいら 「さらにジャージの上下のデザインも違うんだけど」
店員さん「どうせ違うんだから良いでしょ?」
おいら 「値段もレシートと違うんだけど」
店員さん「だってその金額支払うつもりだったんでしょ?」
おいら 「もういいよ。返品するからお金返して」
店員さん「買った物の返品はお断りしてます」
おいら 「頼んだものと違う商品を渡したでしょ?」
店員さん「そうですね」
おいら 「しかも意図的に、おいらに違う商品と言わないで」
店員さん「それが問題ですか?」
おいら 「もういい。あなたじゃお話にならないから店長呼んで。」
店員さん「私が店長だ!とにかく返金には応じない」