主権が及ぶ範囲

通名使用特権がある限り、まともな選挙は出来ないので、自民の派閥解体は出来ないし、真の民主主義も訪れることはない。 改憲について、

9条ばかり注目されているが、実際にはもっと重要なのは、日本国民とは誰のことかを再定義することだろう。
日本国の法律に従い、日本政府の主権が及ぶ範囲の国民とは何者なのかの、最も根源的な部分を定義する憲法を改正し、戦後の混乱期の副産物である、浮気調査群馬旧帝国海外領土出身者に与えられる特例的な権利は、その当時の海外領土で産まれた1世代のみの権利で、2世以降には世襲されないと明記することになる。
9条は軍事力で攻めてくる外患に対抗する手段として改正するべきで、日本国民の定義に掛かる条項は、内憂に対抗する手段として改正が必要ということ。
今どき女子はお父さんと仲良しなんです!かなりウソくさい記事ではあるが、普通に大学出て普通に就職すれば、大部分の人が結婚していた時代と違い、今は非婚化少子化時代なので、こういうシチュエーションは増えるかも知れない。