一般

日本における結核対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」に沿って行われてきましたが、平成19年からは異なる感染症と一緒に「感染症法」という名の法律に沿って遂行されることに決まりました。
脂溶性のV.D.は、Caが体内に吸収されるのを促進するという特徴で有名で、血中の濃度をコントロールし、筋繊維の動き方を適切に調節したり、骨を作ります。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を持っていない一般の人でも取り扱える医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの指示通りに動くことで、心室細動に対する緊急処置の効果をいかんなく発揮します。
学校等団体行動をする時に花粉症が原因でクラスのお友達と一緒に外で思う存分運動できないのは、本人にとっても寂しいことです。
めまいが現れず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴のみをいつまでも繰り返す症例を「蝸牛型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するようなこともあるようです。
ポリフェノールで最も有名な長所はL-アスコルビン酸(ビタミンC)やV.E.などとは異なって、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更に細胞膜でも抗酸化作用があります。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒が強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と毒素の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)に分けられるのです。
吐血と喀血、両方とも血を吐くことですが、喀血というものは咽頭から肺に続く気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出る症状で、吐血の方は無腸間膜小腸より上にある消化管から出血する症状を指します。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特性があるため大気中に存在するオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけてしまうなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすことが明らかになっています。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症を始めとした多種多様な疾患の合併症の原因となる恐れがあるのです。
はりを痛みの発生源に刺す、という物理的な程よい幾多の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスと呼ばれる要は電気信号の伝達を発生させると言われているのです。
生殖器である前立腺はその生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密に関わっており、前立腺に発現してしまったがんも同様に、アンドロゲン、即ち男性ホルモンによって肥大化してしまうのです。
腰などが痛むヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の隙間にあるクッション的な役目を担っている椎間板という名のやわらかい線維軟骨が突出した症例のことを表しています。
骨折によって酷く出血した状況では、急に低血圧となって眩暈やふらつき、冷や汗、悪心、失神などの脳貧血の症状が出現するケースがあります。
バイ菌やウィルスなど病気を引き起こす病原微生物が口から肺に侵入して発症してしまい、左右どちらかの肺が炎症を起こしてしまっている容態を「肺炎」と呼んでいるのです。