カナブン

何せ、初心者コースにトレッキングシューズという
目下の者に「お世話様でした」と言葉を使うかのような
徹底的な意気込み・・

という訳で、自信過剰wなウシボールは、200mくらい
走った。奔った。はしった。覇止った。。。

・・・ぜーぜーぜー・・・

もう、必死です。

汗がぶわっと湧き出て、膝は笑っていますし
呼吸困難でした。
最近、コンビにでも売っている酸素スプレーの
効果を試すときだったのにと残念に思いながら。

で、身の程を知ったので、早歩きのペースにとどめました。
思い込みは大敵です。

山、、、良いですね。

普段、自分の荒れ狂った呼吸の音を聞く事があまり無いですし
日常で無いといえば、山に流れる風や、鳥の鳴き声、

そして

       カナブン!!!

今まで、忘れていました。
10年以上見ていませんでした。

まさにブーンって、音を出して飛んでいました!
カナブンに感動しちゃいました。
だって、カナブンが木の蜜を吸おうと群がっているんです。

緑色や、茶色、緑か黒か分からない色、
よく見ると、争って蜜を必死に吸っていました。
他のカナブンに蹴落とされたカナブンは、落下した瞬間に飛びます。
そして、また蜜をゲットしに行きます。

スズメバチも蜜をゲットしに着ましたが、カナブンの群れには
うまく入り込めていませんでした。
蛾も登場しましたが、完全にカナブンの島でした。

これを1時間くらい、ボーっと見ていたっけなあ。
ただ、素直に楽しかったです。